【世の中で一番さびしくない・・・】

DSC_4202

こんにちは、朝から逆方向の電車に乗って遅刻しそうになり信頼残高がもはやマイナスの横山です。

気を取り直して、今回はミラプロって何やっているの?どんな感じ?ということをお伝えしていきたいと思います。

福澤諭吉の『心訓』ってご存知でしょうか。わたくし入社5ヶ月目にしてやっと気付きました。会社の壁に堂々と掛けられているモノが、あの有名な福澤心訓であるということに…

達筆すぎて読むの放棄してた・・・

横山が注目したいのはココ!!

「世の中で一番さびしい事はする仕事のない事です」

……そ、そんなこと、なくない…?――これは初めてこの教訓を(マンガで)目にした時の私の感想です。だって仕事がなくても生きていけるならその方がいいじゃない!仕事なんてわざわざしなくても。。

楽しければ、いいじゃない

 

 

だけど最近はこう思います。仕事がないということは、社会とのつながりがないということ。どこかお店に出かけたり、友人と話したりしてヒトと関わることはあっても、「社会に参加している」とまで思えるか?といったら微妙な気も。仕事=社会参加は、学びや出会いを与えてくれ、何かを成し遂げることの喜びや、人の役に立つことの喜びをもたらしてくれる大切なものだと思うのです。

だよねーっっ

 

 

さて、そこでミラプロがどんな仕事をしているかというと、今は大きく分けてふたつ。介護職専門の人材紹介事業と、介護美容研究所というスクール事業です。

求職者と施設のマッチングをはかり、転職したい福祉人材と、人材不足に悩む福祉施設の課題解決を行う人材紹介事業。そして、「介護美容」という新たな考え方と技術を手にした新しい福祉人材を育成し、社会に輩出するスクール事業。

どちらも人の社会参加を促し、「社会に必要なヒトの循環」に貢献する仕事です。企業も働き手も自分たちも幸せになる構造をつくる。その輪を広げていく。ミラプロはそれを目標にし、世界NO.1のソーシャルビジネスカンパニーとなることを目指しています。

テレビにも取り上げられました!

インタビューを受ける社長。やる時はやります、社長ですから!

 

 

仕事がないとさびしいよ、と諭吉先生はおっしゃいますが、ミラプロには山のようなやりたいこと、やりたい仕事があふれています。

社長も営業部長も隣のみちこ先生もMr.クレバーも、やりたいことがありすぎて大変そうで、けれど毎日とっても楽しそう。山のようにやりたい仕事の合間をぬって、今度は疑心暗鬼の騙し合いゲーム「人狼」を社内で開催しよう!と盛り上がっているあたりも、堪らなくシビレます。

やたらと誕生会が好きなミラプロ

ツリーは皆で完成させるスタイルのミラプロ

 

 

社員だけでなく、当スクールに学びにくる受講生の皆さんも、自分の力で社会のために何ができるか?もっと自分にできることがあるんじゃないか?と真剣に考えている方ばかり。ここには常にポジティブで明るい空気が流れていて、オフィスにいるだけでよい刺激を受けられるのです。

いつも楽しそうすぎて思わず入学したくなります

実習は真剣!高齢者様は笑顔♪

 

――福澤心訓から最もかけ離れたところにいるであろうミライプロジェクト。ということは、世の中で一番さびしくない会社ということかもしれませんよ。

次回はそのポジティブな社風を、たっぷり写真付きでお伝えしたいと思います!お楽しみに!