午後3時、女王降臨のお時間です(前編)

DSC_3785

こんにちは、仕事中狂ったように龍角散のど飴を食べ続けている横山です。

本日も午後3時のチャイムが「ミラプロリフレッシュタイム」を知らせます。デスクワークでガチガチの体を動かしてスッキリリフレッシュ、終礼までがんばろうね!の合図です。

前回ご紹介したとおり、この時間を支配するのが「齊藤さん」。あるときは共感の女王としてアポを取りまくり、またあるときは風紀委員長としてメンバーの心の乱れを正し、はたまた衛生管理委員長としてメンバーの健康の盾となり、またあるときは備品管理の鬼として新井氏を叱り飛ばす…等々さまざまな顔をお持ちです。そんな齊藤さんの魅力に取り憑かれてミラプロに入ったメンバーもいるとかいないとか。

女王降臨。まさに風格が漂います。

パラパラと集い始めるしもじもの者たち。

遅い!!女王はご立腹ですぞ

神の声に耳を澄ませる女王。我々に身体の仕組みを説き始めます。

するどい眼光

恍惚の表情

無言で従うメンバーと、時折聞こえるバキバキという関節の音・・・

戸惑いつつも、どんどん女王の世界へと引きずりこまれていきます。

女王の手のひらで転がされる我々。痛そうな顔のうまちゃん。

せーの

きゅっ

斉藤女王のもと、皆がひとつになった…と思われました。しかし。

・・・女王は見逃しませんでした。自分に身を委ねずに切り上げようとしたメンバーのことを…

続きは次回。お楽しみに!